匠のブログ

  1. HOME
  2. 匠のブログ
  3. ビンゴカード風のリスクチェックシート

ビンゴカード風のリスクチェックシート

今回はビンゴカードのように穴をあけて使う、オーラルフレイルのリスクチェックシートをご紹介させていただきます。

 

 

オーラルフレイルとは、口腔機能のささいな低下のことだそうです。このチェックシートでは、オーラルフレイルの危険性が高いかどうかを簡易的に調べることができます。

■今回の加工について

今回は、打ち抜き加工、折り加工、切込み加工を行わせていただきました。シンプルなカードですが、ビンゴカードのように折り曲げて穴をあけるため、様々なトムソン加工が施されています。

質問文の横に、はい・いいえと書かれており、この部分は切込みと罫線が入っています。そして切込み部分の上部にはトメがしてあります。

  

このチェックシートには、厚紙が使用されているため、罫線は太めに入れてあります。

 

ビンゴカードのように、はい・いいえの部分を押し込むことで、トメの部分がちぎれて、折り返すことができます。

 

そして、折り返し終わったら裏側を見ることでオーラルフレイルの危険性をチェックできるという仕組みです。ゲーム感覚で楽しくリスクチェックを行えるのは嬉しいですね。

 

ヤマト紙工では、様々なトムソン加工を承っております。オリジナルの形のカードやビンゴカードのようなチェックシートも作成できますので、ご依頼・ご相談などございましたら、お気軽にお問合せください。

 

お問い合わせはこちらから>>

 

■加工概要

加工内容 打ち抜き加工、折り加工、切込み加工
商品形状 カード
紙の種類 アイベストW 菊判18.5k
紙の寸法 菊判 4切 4丁
印刷の色数 4/4
こだわり/現場の声 受注案件の約3割を占める厚紙パッケージ・台紙のトムソン加工において、多種多様な紙・形状が多く存在しますが、あらゆる厚紙トムソン加工を承っております。

今回はビンゴカード風抜きのご紹介です。

ビンゴカードはどのように作るのか?何の機械で作るのか?木型を用いてトムソン加工で作ります。

外周を抜くと同時に、めくり部分のカットとめくり後折りクセを付けるため罫線入れをすべて同時に行います。

ビンゴカード製作の注意点は何ですか?
①めくり部分が多くあるため、すべてのめくり部分を綺麗にカットされている必要があります。ごくたまにめくりづらいと思ったら、ちゃんとカットされていない、なんてこと実はたまに目にします。

②めくり部分の数分折りクセを付ける罫線があります。折りやすくまたしっかり折りクセがつくように1本1本丁寧に罫線を入れる必要があります。ごくたまに1コマだけ折れないと思ったら、なぜか罫線が入っていないなんてことを目にします。   

③めくり部分が知らないうちにめくれることのないよう、トメといってカットしない部分を設けます。このトメは紙厚によってトメの強さ・大きさを使い分ける必要があります。厚紙であれば概ね0.7mm~1mmのトメを入れます。薄紙であれば概ね0.5mm~0.7mmのトメを入れることで知らないうちにめくれることはないでしょう。あとはPP加工等表面加工がある場合は0.1mm強くした方がよいのか弱くしたほうがよいのか、それとも単に紙厚に適したトメを入れておけばよいのか、熟考する必要があります。

ヤマトにはトムソン加工における技術やスピードだけでなく、様々なノウハウも兼ね備えているため、間違いのない製品に作り上げることができます。

ヤマトにてビンゴカードを作ってみませんか?
もちろん1シート20コマや32コマ、50コマ等多くのコマがあっても対応は可能です。また、ビンゴカードのデータを作成することも可能です。

ヤマトにはトムソン会社ならではの目線と確かな加工技術を備えています。

用途・業界に合わせた紙・形状のご提案も承っておりますので、お気軽に相談くださいませ。
図面