最近の記事一覧

ステーキガードの差込口抜き加工

レストランなどでステーキやハンバーグなどのメニューを提供する際には、ステーキガードなどと呼ばれる紙のカバーを使う事が良くあります。
ステーキガードは細長い紙の端と端を繋いで輪にしたような形をしており、これをお皿の縁に沿って乗せる事で、ステーキなどにかかっているソースが周囲に飛び散るのを防ぐ事ができます。

ステーキガード02 ステーキガード01

このようなステーキガードもトムソン加工によって作られています。
ステーキガードにもいくつか種類があり、予め円の大きさが決まっているものもありますが、お皿の大きさに合わせて円の大きさを調整できるものもあります。
調整できるタイプのものは差込口が複数設けられた細長い形の紙で、一旦は差込口に差し込みやすいような形状になっています。
この端の部分を差し込み口に差し込むことでお好みの大きさにできるわけですね。
こうしたステーキガードの差込口抜き加工もトムソン加工の一種です。
差込口抜き加工を施したステーキガードなら、お皿の大きさごとにいくつものステーキガードを用意せずに済みますので便利です。

ヤマト紙工ではこのようなステーキガードの差込口抜き加工にももちろん対応致しております。
トムソン加工のご注文、また疑問やご相談などございましたら、お気軽にヤマト紙工までお問い合わせください。

厚紙のお面の穴開け加工作業

テーマパークや地域イベントなどでよくお客さんに配られる紙でできたお面。こういったお面は簡単に折れ曲がったり破れたりしないように、ある程度強度が必要なため厚紙を使用して作成するのが一般的です。 お面ですので、顔に装着するために少なくとも目の部分と耳に輪ゴムを通す部分とで少なくとも4箇所に穴を開ける必要があります。この穴はトムソン加工となりますが、最初から穴が開いている状態ではなく、お面をもらった時点でお客様側でちょっと押すと穴が開けれるようにミシン目を入れておきます。

ミシン目についてはDMや封筒、チラシなどいろいろな用途で使うことのある加工ですが、基本的にはミシンの粗さによってその後に穴が開けやすいかどうかが変わってきます。 お面などの厚紙の場合、その製品の用途にもよりますが、かなり粗めにミシンを入れておくことで手に取ったお客様が製品を手に取ったあとストレスなく穴を開けることができます。

お面
※耳、目、アゴのところが穴を開けれるようになっています。

最近ではお面として使わない人用に、うちわとして利用できるように、指を入れれるくらいの円をミシン目加工したという面白いアイデアもあるようです。 トムソン加工は紙製品においてかなり重要な加工内容となります。変わったアイデアがあってそれを形にしたいとお考えであればぜひ一度ヤマト紙工にご相談ください。

お問い合わせはこちらから>>

トムソン加工なら何でもお任せあれ!
  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • サンプル請求はこちら