匠のブログ

  1. HOME
  2. 匠のブログ
  3. 教員用ファイルのインデックス(見出し)の抜き加工

教員用ファイルのインデックス(見出し)の抜き加工

近年あまり目にすることが減った分厚い電話帳のように、見たいページがどこから始まるかカテゴリーごとに色分けや段々に抜かれているインデックス(見出し)の抜き、このような加工もトムソン加工で行っています。

 

身近なもので言うと、

●卓上カレンダーを月ごとに分ける

●多種多様な見本帳では銘柄やカラーごとに分ける

●製品カタログ(建築資材や薬品効能 等)で用途別に分ける

といった具合に頁数が多くなればなるほどインデックス抜きしておくことで、閲覧者は検索しやすくなります。

インデックス

■インデックス部分の加工について

インデックスページは、本文ページより1~1.5cmほどはみ出すように設計しておきます。これは特定のページの始まりを分かりやすくしたり、目的のページをすぐに開けるようにするためのものですが、見やすくまた使いやすくするにはインデックス部分がきちんと揃っていなくてはなりません。

また、それぞれのインデックス部分が必要以上に重なってしまうとそこに書かれた文字が見えなくなりますし、かといって離れ過ぎては見た目が悪くなってしまいます。

全体ページ数のボリュームやインデックス項目数とのバランスを見ながらインデックスの形状や大きさを導けばいいと思います。 

お問い合わせはこちらから>>

 

■加工概要

加工内容 打ち抜き
商品形状 インデックス
紙の種類 薄紙~厚紙すべてに適用
紙の寸法 A4仕上げの場合は、菊全8丁がBEST
印刷の色数 -
こだわり/現場の声

インデックス型に抜かれたカタログや卓上カレンダー、バインダーなどを手に取りページをめくるときどこを見ますか? インデックス部分を見てページをめくると思います。 見やすく付加価値を付けようと予算をかけてまでインデックス型に抜かれた印刷物、その印刷物の発行者様はおそらく大事に長く使ってほしい、すぐ捨てずに保管していてほしい等様々な思いを持っておられます。 その思いをカタチにするには綺麗な印刷物の仕上がりが不可欠となります。 インデックス型に抜かれた印刷物が見た目綺麗かどうかの判断基準の一つとして、インデックス近辺及びページをめくる側が綺麗かどうかと考えています。  

こんな経験ござませんか?

新築を購入したとしましょう。 工務店から渡されたカーテン見本帳からどのカーテンにするか選ぶことに・・。 カーテンというと「清潔感」「おしゃれ」な住宅インテリア品。 それを選ぶカタログ見本帳を手に取ったとき、インデックス近辺及びページをめくる側に複数のトメや大きなトメが入っているがため、なんとなくカタログ見本帳が綺麗さに欠けているなぁ・・・と。 

綺麗なインデックス抜きを実現させるためには、目立つ部分にトメを付けないことが重要です。
印刷会社さんがいくら綺麗な印刷ができても、トムソン加工工程で目立つインデックス部分にトメを付けたことにより、綺麗な断面にならず品質を落とすような仕上がりになっていては元も子もないですよね。

トムソン加工の場合、断裁と違ってトメは必ず必要となりますが、トメを入れるなら目立ちにくい綴じ側や地側に入れる必要があります。

そのように見栄えも重視しなければ、綺麗な商品には仕上がりません。

些細なことかもしれませんが、ヤマト紙工では綺麗な仕上がりをイメージして日々仕事に取り組んでおります。

 

ヤマトにて綺麗なインデックス型の印刷物を作ってみませんか?

ヤマトにはトムソン会社ならではの目線と確かな加工技術を備えています。

用途・業界に合わせた紙・形状のご提案も承っておりますので、お気軽に相談くださいませ。

図面