トムソン豆知識

  1. HOME
  2. トムソン豆知識
  3. トムソン加工全般
  4. 何丁付けまで抜けますか

何丁付けまで抜けますか

手のひらサイズの小さな商品は、紙めーいっぱいに面付けしたくなります。正直言って、何丁以上は無理なんて断言できる限界はわかりません。が、見当の精度つまり抜き位置の精度がかなり求められる商品であったり、一番の問題点は、数量の狂いが挙げられます。

例えば、絶対100枚帯、99枚ダメ、101枚ダメというように数量の精度が求められる商品の場合は、やみくもに丁数を増やすのは避けたほうがいいかもしれません。

っと言っても、紙めーいっぱいに面付けしないと値段が合わないということもあるでしょう。そのような期待に応える解決策は二つ三つしかありません。ある形状を例にとってご説明しましょう。

手のひらサイズの商品

●名刺サイズのカード ●スイングPOP

《商品説明》
特に上記のような形状をよく目にすると思います。生産数量が20000枚とか決して多くない場合は、菊四~菊半裁までの小さな紙に6丁~10丁程面付けすべきですが、例えば、生産数量が1種10000枚×70種といったように、種類がある場合などは、印刷の台数を2台にせず紙めーいっぱいに面付けし、1台で進行したほうが、断然版代、印刷代、トムソン代のコストは安くなります。

最善のトムソン加工方法

①トメをしっかり入れる。

数量に狂いが発生するのは、トメの大きさ・強さにムラがあると、作業中のどこかでトメがはずれてしまい、100枚が正解なのが、ある所は99枚、別の所は101枚になったりします。したがって、木型作成時すべてのトメの大きさ・強さを均一にすることが必須でしょう。

②時間がかかってもトムソン加工の抜き速度をゆっくりする。

抜き速度を上げれば上げるほど数量の狂いは発生しやすくなります。時間がかかってもあせらず、ゆっくり抜いていくことでしょう。1時間1200シート抜き上がるくらいのスピードで進行すべきですね。

③抜き後、計数機による枚数チェックを行う

抜き後、指定の数量ごと100枚で帯なら、100枚ごと不要部分を取り除き、帯を始めていきます。帯をする前に100枚ごと計数機に掛け、ジャスト100枚かどか確認の上で帯を掛けます。これを全数行います。全数、手で数えるわけにはいかないため、ここは機械にたよるしかないですね。

④トムソン屋の技術の高さと忍耐の強さも必要ですよ。

以上の取り組みを行うことにより、紙めーいっぱいに面付けされていても、数量が狂いことなく、仕上げることができると思います。その代わり、そこそこの時間とコストは必要となってきます。

 

まとめ
  • 受注数に応じて丁数をはじいていきましょう。たいだい3000通し以内におさまるようにしたらロスや無駄は少なくすむことが多いですヨ。
  • 4000通り以上になる場合、できるだけ丁数を増やしたほうが全体のコストは下がることが多いですヨ。