匠のブログ

  1. HOME
  2. 匠のブログ
  3. 和菓子(おはぎ)を入れる薄い和紙の包み紙

和菓子(おはぎ)を入れる薄い和紙の包み紙

紙の打ち抜き(トムソン)加工は、紙の厚みがありすぎても難しいですが、逆に薄すぎても難しくなります。トムソン加工の工程はほぼ機械が行いますが、機械の微調整などはやっぱり人の目と手にかかってきます。

その調整などは紙厚問わず神経を使いますが、そんな薄紙の中でも和紙は特に難しい部類に入るかもしれません。

和紙は封筒から商品パッケージまで、「和風」のイメージを表現したい際によく使う紙です。一言に「和紙」といっても種類も豊富にあって、色や質感、厚みにいたるまで実に様々です。

■和紙の加工について

もともと紙の繊維が少し荒めで紙の独特の粘りのようなものがある和紙は、トムソン加工を行うと一般的な紙よりも断面に紙の繊維がほつれた仕上がりになったりしますが、それがまた和紙独特の雰囲気が出てより「和紙」を感じることができます。

ヤマト紙工では、どんなに薄い和紙でも熟練の職人が長年の知識と技術によって、ご要望通りにトムソン加工をおこなうことができます。もしも他社に断られた難しい薄紙の加工がござましたら、ぜひ一度ヤマト紙工にご相談ください。

お問い合わせはこちらから>>

 

 

■加工概要

加工内容 打ち抜き、折り加工
商品形状 包み紙
紙の種類 和紙 薄口
紙の寸法 菊判 2切 6丁
印刷の色数 金箔押しのみ(艶なし)
こだわり/現場の声

今回は食品の外袋に使用する 和紙を用いた包み紙を作りました。

そして、高級感を出すためオフセット印刷せず金箔押しのみ。シンプルかつ高級感があり、つい買ってしまうかもしれません。

和菓子の包み紙には和紙だけでなく、模様やエンボスのある紙をチョイスしても「和」を演出することができます。

日本酒のラベルにも同じような紙をチョイスすることがあります。

ヤマトにてユニークな包み紙を作ってみませんか?

もちろん、もっと小さなものから大きいものまで、もとユニーク溢れるおしゃれな包み紙を作ることもできます。

ヤマトにはトムソン会社ならではの目線と確かな加工技術を備えています。

用途・業界に合わせた紙・形状のご提案も承っておりますので、お気軽に相談くださいませ。

図面 準備中