匠のブログ

  1. HOME
  2. 匠のブログ
  3. 折り加工
  4. バレンタインデーのチョコの箱 ギフト箱の中の仕切り

バレンタインデーのチョコの箱 ギフト箱の中の仕切り

2月のイベントと言うとバレンタインデーですよね。
バレンタインデーが近付いてくると、街中がバレンタインデーの贈り物用にラッピングされたチョコレートであふれかえります。

そんなバレンタインデーのチョコの箱をはじめ、ギフト箱の中には仕切りのあるものも多いですよね。
バレンタインデーのチョコの箱などのギフト箱の中の仕切りは、紙に折り目や切り込みを入れて組み立てて作られています。
この仕切りは折り目や切り込みの数を変える事で、数や大きさを調整する事ができるのが特徴です。

そんなバレンタインデーのチョコの箱などの、ギフト箱の中の仕切りにある紙の折り目や切込みなどに欠かせないのが、トムソン加工です。
トムソン加工とは型を使って紙を打ち抜く加工の事です。
ギフト箱の中の仕切りの場合はまず紙を仕切りとして組み立てるための形に打ち抜きます。
さらに実際に組み立てる際に必要となる折り目を入れる加工も行います。

ギフト箱の中の仕切り

トムソン加工は複雑な形になればなる程、加工に技術を要します。
そのためギフト箱の中の仕切りに関しても、数や大きさなどによっては高い技術がなければ加工が難しい場合もございます。

しかしヤマト紙工では最新の設備を使用し、高い技術を持った職人がトムソン加工を行っていますので、ご安心ください。
ギフト箱の中の仕切りの加工の他、トムソン加工のご依頼がありましたら、トムソン加工に絶対の自信を持つヤマト紙工がお受けいたします。