コート紙の抜き -角2封筒ー

コート紙は表面コート剤を塗布し滑らかにしたツヤのある用紙で、チラシやパンフレット、ポスターなど幅広く使用されています。

今回は封筒のトムソン加工の説明になります。

    

コート紙、特に90㎏ベースまでの薄紙はスリップして滑りやすいうえにシワやズレが出て加工が大変困難ですが、ヤマト紙工では様々な経験を積み重ねたトムソン加工のプロの職人の腕と技できれいに仕上げることができます。

次に、製袋機で封筒の加工に取りかかっていきます。

これもトムソン加工同様、薄紙でコートが塗布してあるためシワになりやすくズレやすいのが問題点です。

前とりでは数を設定していても用紙の特性上、静電気や用紙にコシがないため多少数が狂ったりします。

製袋後、弊社で内職作業に取りかかります。

こちらの商品は、学校に配布するということで一般的に一クラス30人前後なので30枚に数え直し、のりズレやシワの検品等を行い輪ゴム止めして、300枚包装、1500枚ケース梱包で完成に至ります。

ヤマト紙工では封筒を多く取り扱っています。ご希望にそってお望みの型に作成することができます。

弊社にご希望の封筒の形状があれば、木型代金は無料でお使いいただけます。

コート紙のトムソン加工のご要望はぜひヤマト紙工にお任せください。

トムソン加工なら何でもお任せあれ!
  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • サンプル請求はこちら