匠のブログ

  1. HOME
  2. 匠のブログ
  3. 店舗でプリントアウトできるA4POP用紙(マイクロミシン加工入り)

店舗でプリントアウトできるA4POP用紙(マイクロミシン加工入り)

ディスカウト店やコンビニでよく見かけるプライカードのPOP。各店舗内でA4シートをプリンターに掛け、ミシンに沿ってちぎって使用します。

■今回の加工について

この写真を見ていただいたらお分かりになると思いますが、他社製品ではマイクロミシンの十字になる部分のところに隙間がありますが、今回は弊社では十字になる部分のところに隙間をなくしたマイクロミシンのトムソン加工を施しました。

 

■マイクロミシンについて

マイクロミシンとは通常のミシンよりさらに細かいミシン目のことです。通常ミシンは2mmカット部分×1mmが繋がっている部分のことでちぎり跡のギザギザが目立ちます。

 

マイクロミシンとは0,35mmカット部分×0,15mmが繋がっている部分のことで非常に細かい切り取り線が入るため、通常のミシン目より切り離しがしやすく、ちぎり跡のギザギザが目立たずミシン目の膨らみも少ないため、きれいな仕上がりになります。

お客様によって用途は様々だと思いますが、プリンター印刷の時の引っ掛かり感がなく、プリンタートラブルも減少することができます。

 

弊社ではお客様のご要望に合わせて、多分割用紙(40分割・50分割)の加工も可能です。尚、難易度の高い薄紙のコート紙、フィルム紙もマイクロミシン加工できます。
マイクロミシンは紙質、厚み、流れ目によって抜き圧等の細かな調整が必要となりますがヤマト紙工では熟練の技を持つ職人が品質を落とすことなく加工することが可能です。

マイクロミシン、トムソン加工のご依頼はヤマト紙工にお任せください。

お問い合わせはこちらから>>

 

■加工概要

加工内容 ミシン目
商品形状 POP
紙の種類 上質紙 A判 57.5kg
紙の寸法 A全 8丁
印刷の色数 無地
こだわり/現場の声

初めに話をいただいた時、他社が加工された500枚の商品を拝見させてただきました。
それはマイクロミシンが切れすぎてすでにちぎれてしまっていたり、ミシンに沿ってちぎろうとしてもミシンが切れておらず、ちぎるにちぎれないという仕上がりになっていました。それでは店舗からクレームの嵐。

確かにA全に8丁付けし、数十本ものマイクロミシンすべてをちぎりやすくする、、口でいうのは簡単ですが案外難しいかも。ミシンピッチが細かいのでトムソン機の抜き圧を一つ間違えると、使い物にならない商品になります。

そこでヤマト紙工の出番でした。
受注案件の約3割を占めるミシン加工。年間300万枚作成して、もうかれこれ3年、、、
一切のクレームもなくお客様も喜び、安心を超えて、毎回ちゃんとした商品が届けられて当然と思っておられるでしょう。
これがプロの仕事。

ミシン加工でお困りの際は、ぜひヤマト紙工まで。

図面 準備中