トムソン豆知識

  1. HOME
  2. トムソン豆知識
  3. トムソン加工全般
  4. POPシートの止めの量と大きさ

POPシートの止めの量と大きさ

POPシートとは、A4サイズやB5サイズの1枚の紙に様々な変形のPOPが抜かれており、ドラックストアやスーパーなど量販店で抜かれたPOPをちぎって、陳列棚に広告的に使用されます。

その1枚の紙にPOPが抜かれていますが、完全に抜かれていない部分(1枚の紙とくっついている部分)があるため、1枚の紙を持ってもPOPがばらけることはありません。

そのPOP自体にところどころ、完全に抜かれていない部分を一般的に「トメ」や「ちょぼ」と言われています。

この赤印が「トメ」と言います。この部分は、A4シート本体とPOP自体がくっついています

「トメ」が弱いと、運搬中や何らかの衝撃ですでに1枚の紙からPOPがはずれていることもありますし、「トメ」が強いと、1枚の紙からPOPをはずしづらくなります。いずれもクレームになりうるので、注意せねばなりません。

紙質や紙厚に応じて「トメ」の強さを微調整する必要がありますし、また、「トメ」の量が少なすぎても多すぎても、POPをはずす人は苦労されるでしょうから、適切な「トメ」の強さ、量を入れる必要があります。

「トメ」の強さの目安としては、
厚紙であれば、0.7mm~1mmが適切。
薄紙であれば、0.5mm~0.7mmが適切。
ではないでしょうか。

あとは、PP加工の有無でも変わってきますでの、注意しなければならないですね。

トメの量や強さは、トムソン屋に任せた方が、無難と思います。トメの量や強さの指定がある場合は、それをお伝えして、それに近い形でトメを入れることは可能であります。