匠のブログ

  1. HOME
  2. 匠のブログ
  3. 髪を乾かすのに便利なヘアドライ手袋の口紙

髪を乾かすのに便利なヘアドライ手袋の口紙

ヘアドライ手袋とは、髪の毛をドライヤーで乾かす際に使用する手袋のことです。これを使用することで通常よりも早く髪の毛を乾かすことができるそうです。忙しい中で、紙を乾かす時間を短縮できるのは嬉しいですよね。

この手袋を陳列する際に使用する口紙もヤマト紙工でトムソン加工しております。

 

■今回の加工について

この口紙は、打ち抜き加工・穴抜き加工・折り加工を行いました。罫線は、商品を挟むことができるように入れてあります。この口紙は厚紙で作られていますが、罫線を入れることで手でも綺麗に折ることができます。

 

また、口紙の中央にある2つの穴は陳列用のフックを取り付けるために空けており、4角の穴は手袋と口紙を留めるタグピン(プラスチック製の留め具)を通すために空けてあります。穴の大きさは直径3mmとかなり小さめの穴をあけています。

このように、口紙に様々な加工を施すことによって、うまく陳列できるようになるわけです。

 

弊社では、靴下や手袋に使われる口紙のトムソン加工も行っております。加工依頼・見積依頼・ご質問等ございましたら、ご気軽にお問合せください。

お問い合わせはこちらから>>

 

■加工概要

加工内容 打ち抜き加工・穴抜き加工・折り加工
商品形状 台紙・口紙・ヘッダー
紙の種類 アイベストW230g
紙の寸法 菊判 4切 4丁
印刷の色数 4/0
こだわり/現場の声 口紙は、パッケージ同様、お客様にブランドや商品のイメージを印象付ける広告と言えます。

今回製作したヘアドライ手袋の口紙は、多くの特殊印刷加工を施さずフルカラーで印刷しているだけのごくシンプルな口紙ですが、表面に光沢を与えるPP加工やプレスコート、高級感ある金銀の箔押しや盛り上げ印刷、紙面に凹凸をつけるエンボス加工を施すことで更に高級感・特別感を演出することができます。

また箔押しやエンボス加工を施さなくても、「紙の質感」や「変形型」にするだけでもインパクトを出すことができますが、特に手袋や靴下、下着・パンストなど衣類の口紙を打ち抜く際、次のようなことを注意して製作しています。

①商品と口紙が接する箇所は、尖がったような変形型にしないこと!!
②トムソン加工時、商品と口紙が接する箇所にトメを入れないこと!!

尖がったような変形部分やトメが衣類に引っかかり衣類の繊維がほつれてしまいます。

商品と接する箇所は、滑らかな曲線の変形型にすることをオススメいたします。

ヤマトにてオリジナルの口紙を作ってみませんか?

トムソン会社ならではの目線と確かな加工技術を備えています。
用途・業界に合わせた紙・形状のご提案も承っておりますので、お気軽に相談くださいませ。
図面