POP用紙 -ポップ用紙のマイクロミシンの加工ー

 

この写真を見ていただいたらお分かりになると思いますが、通常のミシンは十字になる部分のところに隙間がありますが、今回は十字になる部分のところに隙間をなくしたマイクロミシンのトムソン加工を施しました。

2回通しすることにより隙間をなくしたマイクロミシン加工がヤマト紙工では可能です。

マイクロミシンとは通常のミシンよりさらに細かいミシン目のことです。

通常ミシンは2mmカット部分×1mmが繋がっている部分のことでちぎり跡のギザギザが目立ちます。

マイクロミシンとは0,3mmカット部分×0,2mmが繋がっている部分のことで非常に細かい切り取り線が入るため、通常のミシン目より切り離しがしやすく、ちぎり跡のギザギザが目立たずミシン目の膨らみも少ないため、きれいな仕上がりになります。

お客様によって用途は様々だと思いますが、プリンター印刷の時の引っ掛かり感がなく、プリンタートラブルも減少することができます。

弊社ではお客様のご要望に合わせて、多分割用紙(40分割・50分割)の加工も可能です。

尚、難易度の高い薄紙のコート紙、フィルム紙もマイクロミシン加工できます。

マイクロミシンは紙質、厚み、流れ目によって抜き圧等の細かな調整が必要となりますがヤマト紙工では熟練の技を持つ職人が品質を落とすことなく加工することが可能です。

マイクロミシン、トムソン加工のご依頼はヤマト紙工にお任せください。

 

 

トムソン加工なら何でもお任せあれ!
  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • サンプル請求はこちら