おかずカップ 紙ラベル

これから秋の行楽シーズンが始まり、お子様がいらっしゃる方は運動会や遠足などお弁当の出番が多くなってきます。

おかずの仕切りにかかせないおかずカップは最近では100円均一などのショップで様々な種類のものが売られています。

そのおかずカップの紙ラベルもトムソン加工が施されています。

     

今回の紙ラベルは仕上がりが立体的な商品になるため加工形状が複雑です。

立ち上がりが出来るように罫線を4か所に入れました。

また、商品名が見えるように折り返しの工夫もしました。

この折り返し部分は実際におかずカップを使用するときには不要なので切り取れるようにミシン目を入れています。

小さな商品の中に様々なトムソン加工が取り入れられています。

今回トムソン加工した用紙はコート紙70kgで、新聞の折り込みチラシや冊子の本文用紙に使用され、弊社で扱っている用紙の中でも薄紙の分類に入ります。

薄紙は紙揃えが難しく静電気をもちやすい、破れやすい、シワになりやすいという性質がありトムソン加工するときも注意が必要です。

薄紙は紙自体の厚さがないので変形しやすく今回の紙ラベルのようにプラスチック製品の台紙に適しています。

コート紙は表面に光沢がある紙でペタッとした感触が特徴で、特殊な薬品を表面に塗っているので色鮮やかに印刷することができます。

写真を多用したデザインのものはとてもきれいに印刷されるのでフライヤーに使用することもお薦めです。

トムソン加工を用いた特殊な形のフライヤーなら、よりインパクトのある商品に仕上がります。

ヤマト紙工では豊富な経験とノウハウを身につけた職人が作業に当たっていますので薄紙のトムソン加工には絶対の自信があります。

色鮮やかな薄紙のPOPや台紙、紙ラベルのトムソン加工のご依頼はぜひヤマト紙工におまかせください。

 

トムソン加工なら何でもお任せあれ!
  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • サンプル請求はこちら