匠のブログ

  1. HOME
  2. 匠のブログ
  3. 印刷会社様が使用する原稿管理用のクラフト紙角0封筒

印刷会社様が使用する原稿管理用のクラフト紙角0封筒

ヤマト紙工では、様々な形の封筒を加工させていただいています。今回は、原稿管理用の封筒をご紹介させていただきます。一見ただの封筒のように見えますが、実は、原稿管理のための工夫が施されています。

 

 

■今回の加工について

今回は、打ち抜き加工・折り加工に加えて、ミシン目加工も行わせていただきました。ミシン目加工を施した場所が今回の封筒の工夫ポイントです。

下の画像の通り封筒の蓋が長くなっており、ここにミシン目加工が施してあります。

  

 

各入稿・出校段階をミシン目で切り離すことで、管理できるようになっています。ミシン目を入れることで、ハサミを使わずに手で切り離すことができるようにしているわけです。

 

 

ミシン目はこのような感じです。カット部分2mm×繋がっている部分1mmのミシン目加工を施してあります。また、ミシン目があることがわかるように、表側には点線が印刷されています。

よりちぎりやすくしたい場合はマイクロミシン加工があります。 カット部分0.35mm×繋がっている部分0.15mmのミシンピッチです。

強度のあるクラフト紙を使用しているため、知らないうちにちぎれることはございません。

  

 

ヤマト紙工では、封筒の打ち抜き、折り加工だけでなく、ミシン目加工も承っております。
トムソン加工に関するご依頼・ご相談などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから>>

 

■加工概要

加工内容 打ち抜き、折り加工、ミシン加工
商品形状 封筒
紙の種類 オリンパス ハトロン判129.5kg
紙の寸法 ハトロン判 2切 1丁
印刷の色数 1/0
こだわり/現場の声 封筒にマイクロミシン加工も面白い

多種多様なミシン入りの封筒を目にしますが、案外マイクロミシン加工を施している封筒は見かけません。理由は、製袋時もしくは製袋後にちぎれてしまう危険性があるからです。
リスクを冒してまでマイクロミシン加工にしようと思わないのでしょう。もしくはこんな箇所にマイクロミシン加工をできるんだーと思っておられる方もいらっしゃるかも・・・

マイクロミシンがちぎれやすい理由はただ一つ、トムソン加工時に必要以上にミシン部分に抜き圧を加圧しすぎなのです。 

紙にもよります。コート紙は紙自体裂くには不向きです。今回のようにクラフト紙であれば強度もあるので大丈夫かなと。

いづれにせよ、マイクロミシン加工の十分な加工経験がないとマイクロミシン加工を施した製品づくりは危険であることに間違いはありません。

マイクロミシン加工を施して他製品と差別化を図りたい場合は、ぜひヤマト紙工までご相談くださいませ。
図面