貯金証書 複数窓付

トムソン加工の中で最も基本的なものはさまざまな形に紙を打ち抜く加工です。
紙製品の多くにトムソン加工が施されていると言っても良いでしょう。
例えば複数窓付きの紙製の貯金証書用カバーも、トムソン加工がなければ作ることができません。

貯金証書用カバーには浅いポケットがついており、この部分に貯金証書を差し込めるようなっています。
また複数窓付きなので、窓から貯金証書に書かれた氏名なども見えるようになっています。
この複数窓付き貯金証書用カバーは、まずカバーとするための全体的な形をトムソン加工によって打ち抜きます。
その打ち抜かれた紙を折り畳むことでカバーとするわけです。
また窓部分もトムソン加工で打ち抜かれています。

貯金証書01 貯金証書02

ヤマト紙工はトムソン加工を専門に行っており、腕利きの職人が最新の設備を用いて加工を行っております。
複雑な形など、加工に高い技術が必要となる場合でも、ヤマト紙工なら問題なく美しい仕上がりの加工ができると自負しております。

複数窓付きの貯金証書用カバーに関しましても、サイズや窓の位置など、それぞれの証書に適した加工を行う事が可能です。
トムソン加工に関するご相談などがございましたら、まずはお気軽にヤマト紙工までお問い合わせください。

トムソン加工なら何でもお任せあれ!
  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • サンプル請求はこちら